2018年度の水中ロボコンについて

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

水中ロボコンの開催について、情報がNPOロボネットの公式HPのほうで告知されました。
こちらでも例年のロボコンについても含めて、簡単な説明をさせていただきたいと思います。

水中で行われるロボコンは例年、3箇所で大会が開かれています。
JAMSTEC大会、神戸大会、沖縄大会です。
JAMSTECと神戸の大会はNPOが主催者側で、沖縄大会については協力する形です。

競技は自律型のAUV,アイディア勝負のフリースタイル、中高生向けのジュニア、その他にはデモやROV部門などが大会に合わせて設置されています。
どの大会でも基本的にはAUV部門とフリースタイル部門があります。

下に簡単に特徴をまとめます。

 

・JAMSTEC大会

開催日:毎年8月最終週土日
部 門:AUV(今年は中止)、フリースタイル、ジュニア、デモ
おそらく例年最も部門数とチーム数の多い大会かと思います。参加助成や宿泊補助などもあります。
最終日には必ず施設見学があり、普段のJAMSTEC一般公開では見られないようなマニアックなものが見れます。(詳細は言えません)
開催場所が研究機関であることから、見学も含めての最大入場人数に限りがあります。
見学だけでも事前登録をする必要があります。

プールの特徴は、まず深いことです。沖縄はともかく、競技用プールと違って最大深度3mですので、その分立体的な競技となります。
また、底面が鉄であったり、ポンプが底に埋まっていることから、磁気センサーが影響を受けるというまことしやかな噂があります。
ロボコンに数年出ているとこのプールには魔物がいるというまことしやかな噂を信じる事ができるようになりますね。

Mark3を用いた中高生向けの企画はこちらのジュニア部門になります。
去年のHPをこちらにリンクします。

今年の変更点
AUV部門の中止:今年度はAUV部門は神戸大会のみとなります。
ジュニア部門の拡大:プールを活用して今年の募集チーム数を2倍とします。これを機会に興味を持たれた方はぜひ積極的に参加をお願いします。応募開始時期は例年5~6月になることが多いです。こちらでも決まり次第告知します。
質問などは、こちらのフォーラムメールにて行っていただくと対応できます。
追記:下にコメント欄も増やしました。

 

 

・神戸大会

開催日:神戸で開催されるテクノオーシャン内(今年は5月です)
部 門:AUV,フリースタイル、ジュニア(今年は中止)
毎年開催の神戸テクノオーシャン内にて、開催されます。
競技プールなので、水深は浅いです。競技自体はJAMSTEC大会とさほど大きく違いません。
(今年はそうでもないです。音響などが追加され国際レベルに合わせてあります。)
また、ジュニア部門については、Mark3は担当していません。
興味をお持ちの方は独自にHPをご確認ください。

今年の変更点
AUV部門:今年度はAUV部門は神戸大会のみです。しかも、国際大会です。
ジュニア部門の中止:今年はないようです。

 

 

・沖縄大会

開催日:冬(17年は11月に行いました)
部 門:AUV、フリースタイル、ROV
実はHP管理者はこの大会に参加したことがないので詳細がわかりません。
ポイントは日本国内で唯一の実際に海で行う水中ロボコンです。
そういった意味では動かすことに対するハードルが他の大会と比べて段違いに高いことが特徴です。
また、全体会の中で唯一ROV部門があります。
下記には去年のURLを付記しておきます。

今年の変更点
委細不明。

 

 

このページ的に重要なポイントは、JAMSTEC大会では今年AUVをやらないで、ジュニア部門が拡大されるという話になります。
ぜひ興味をお持ちいただいて参加いただければと思います。よろしくお願いいたします。

次の記事では各部門についての私見など書いて行けたらと思います。

“2018年度の水中ロボコンについて” への1件の返信

  1. 今年の夏まで待てない!日程の調整しますので、よろしくお願い申し上げます。

小山実 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です